薬剤師の転職|求人と転職サイト比較

2020年は新型コロナウイルス感染拡大により、薬剤師を始めとした医療従事者の方々にとっては、非常に負担の大きかった1年だったと思います。

 

国内では5月下旬に緊急事態宣言が解除されたものの、依然、新型コロナウイルス感染者数は一定数おり、「withコロナ」という言葉も耳にするようになりました。

 

如何に新型コロナウイルスに感染しないようにしつつ、また感染してしまった場合は如何に、他の人々に感染させないようにするかを考えながら人々は生活するこを余儀なくされています。

 

海外では依然として新型コロナウイルスが猛威を振るい、2度目となるロックダウン宣言が発令される状態となっており、一部を除いた産業において、日本を含む世界中の企業業績が悪化。

 

人々の生活も新型コロナウイルスによる感染拡大以前とは異なった生活様式となってきました。一般企業に勤めている人でも感染防止のために在宅勤務の人々も多くなってきました。

 

また医療業界においても電話やオンラインによる診療も時限的ですが解禁となり、こうした人々の生活の変化は、医療業界においても、大きな変化をもたらしつつあります。

 

緊急事態宣言が出された後、オンライン勤務の増え、東京を中心とした大都市圏では会社員などの通勤者の減少。駅前などにあったクリニックは来院数が激減しています。

 

他にも外出自粛等により、小児科、耳鼻咽喉科といった未就学者の受診が多い診療科で医療費は大幅に減少しています。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言発令期間中の2020年4月〜5月の概算医療費は、前年同月比でおよそ10%減となったことも厚生労働省から社会保障審議会医療保険部会に報告されています。

 

さらに2020年は新型コロナウイルスの影響で学会等が中止となったものが多く、専門医取得を目指していた薬剤師・論文発表の機会がなくなった薬剤師にとっても、今後のキャリア形成について考えざるを得ない一年になったのではないかと思います。

 

開業を目指していた薬剤師にとっても同様です。緊急事態宣言により開業の準備が進まなくなっただけでなく、多少は落ち着きを見せてきたとはいえ、人々の生活スタイルが変わりつつある現在の状況では、今後の開業計画の見直しだって必要になってくるかもしれません。

 

このように人々の生活スタイルの変化は、もれなく薬剤師の働き方、キャリア形成にとって大きな変化をもたらしていくことが考えられます。

 

当サイトでは、今後大きく変わっていくかもしれない医療業界において、医師・薬剤師・看護師・介護福祉士等の医療従事者の方々が、仕事・プライベートともにより良いものになるよう、転職経験のある医師・薬剤師・看護師・介護福祉士等の医療従事者の方々、また医療業界の就業情報に詳しい転職エージェントの方々にご協力いただき、医師・薬剤師・看護師・介護福祉士向けの求人サイト・転職サイトの比較と紹介を行っております。

 

 

複数の薬剤師専門の転職サイトに登録すること

 

現在、日本国内には大小あわせて薬剤師専門の転職支援会社は300以上あると言われています。全国展開しているところや地域密着型など様々です。
転職サイトは各医療機関と契約し、求人を獲得しているため、全国に300社以上の薬剤師専門の転職エージェントがあるということは、あるAという医療機関の求人を扱っている転職サイトもあれば、扱っていない転職サイトがあるというのもお判りいただけるでしょう。

 

また、複数の転職サイト・求人サイトに求人が登録されていたとしても、給与条件や勤務形態が異なるなんてこともあります。ある転職・求人サイトには常勤・非常勤ともに求人があり、別のサイトには常勤だけ、もしくは非常勤だけというのもあります。

 

 

転職サイト側と医療機関との関係性の強さによって条件が異なるなんてだってあるのです。医療機関の担当者の力量の違いや相性というのも正直あります。

 

 

他にも転職サイト・求人サイトに登録すると、転職をサポートするエージェントが担当につきますが、このエージェントの経験や力量によってもサポート具合が大きく変わります。

 

転職は自分自身の今後のキャリアや人生、生活が掛かった重要な局面です。

 

少しでもいい転職を実現するためには、良いエージェント、相性の合うエージェントにサポートしていただくことも大切ですし、一つでも多くの求人、可能性のある求人の紹介を受けることが大切です。

 

薬剤師専門の転職サイト・求人サイトに登録するには、最低でも3つは登録しておいたほうが良いと思います。間違っても希望条件に合う求人を持つ転職サイトに登録していないばかりに、他の薬剤師に獲られて・・・なんてことにならないようにしましょう。

 

 

最も大事!転職条件を整理しておく。ファイルにまとめておくと尚可

 

薬剤師専門の転職サイトに登録すると、担当者である転職エージェントから電話やメールで連絡が入ります。早いところだと登録後10分とかで連絡が入るところもあるようです。診療の合間や勤務時間中に登録すると、業務に支障が出るかもしれませんので、余裕があるときに登録したほうが良いでしょう。

 

担当者から連絡が入ると、結構色々と質問されます。

 

  • 現在の勤務先
  • 転職を考えたきっかけ、理由
  • 転職を希望する時期
  • 今後、勤務を希望する医療機関
  • 常勤、非常勤等の希望する働き方
  • 希望する給与条件
  • 希望勤務地
  • 転職サイト・求人サイトを見て気になった求人+どの部分が特に気になったか
  • 対面での面談が可能か。可能な場合は日時等
  • 転職活動における優先順位(勤務地・給与・勤務形態等)

 

こういった質問は転職を考える上でも理解できますが、これ以外に

 

 

  • 家族構成
  • (女性であれば)今後の出産の予定等
  • 出身地、出身大学
  • 親の介護の必要性
  • 開業の志向性

 

など聞かれることもあります。

 

「こんなことまで聞かれる必要があるのか!」となりそうですが、より良い転職を実現するためであり、また採用する医療機関にとっても少しでも長く活躍してもらうためには、必要な情報だったりするのです。

 

せっかく希望の求人が見つかり、転職が実現できたとしても、あとで「合わなかった」と短期間で転職を考えるようになっては意味がありません。そのためにも結構プライベートな部分まで突っ込んで質問されることもあります。

 

 

 

そして、転職サイトに複数登録した場合、それぞれの転職サイトの担当者から同じような質問をされてしまう可能性があるのです。同じような質問を何社にも回答していくのは時間も取られますし、うんざりしてしまいます。

 

そのため転職を考えて、転職サイト・求人サイトに登録するのであれば、事前に上記の条件や転職するときに重要視する条件を纏めておくとスムーズに活動を始められるでしょう。wordファイルやテキストファイルなどに予めまとめておいて、連絡があった際にメールで送ると伝えれば、最初の面談もやりやすくなるかと思います。

 

事前に纏めておくことで転職条件が整理できる

 

 

これは薬剤師に限った話ではありませんが、転職活動を始めると色々な条件の求人を目にするようになります。給料、働き方、勤務地・・など様々ですが、いろいろ見ていくうちに、
「給料だったらここが良い」
「ここは家から近い」
「ここは働きやすそうだ」
となりがちです。

 

 

でも元々転職を考えたきっかけ、転職する理由は何だったのでしょう?
給料の問題だったでしょうか?
通勤が大変だったからでしょうか?
職場環境の問題だったでしょうか?

 

色々と求人を見ていくと、どうしてもあれこれ目が行きがちになります。人間なので仕方ないことではありますが、あれこれ目移りした状態のまま転職活動を進めると、大抵失敗するか、転職できないか、または再び転職活動をすることになりかねません。

 

事前に考えておくことで、就職活動を始めるうえで最も重要な「活動の軸」が明確になります。この活動の軸とは、転職するということは現状ではどうしようもできない問題があるからで、この問題を解消するために転職活動を始めるのです。
この問題となる部分は給料は時間、勤務体験等人それぞれですが、この部分を自分の中で明確にしておくと、あれこれ目移りすることなく、問題解消のための転職活動が進められやすくなります。

 

 

より良い転職を実現するために、事前に転職の条件等を整理しておくことは、転職活動を進めやすくするだけでなく、より良い転職を実現するための近道なのです。
診療や論文等でなかなか時間も取りにくいかもしれませんが、何度も転職せずに薬剤師としてのキャリアを形成していけるよう、事前の準備をしっかりと行うようにしてください。

 

 

 

「今すぐ」でなく「とりあえず」でも登録を

 

 

直ぐに転職を考えていない場合、「今すぐ転職するわけではないから・・」と登録を躊躇してしまいがちですが、転職サイト(転職エージェント)はその辺の事情も理解したうえでサポートしてくれます。もし登録をためらっている間に希望にピッタリ当てはまる、もしくはそれ以上の求人が出てきたら・・・もったいないですよね?

 

 

しかも、今年は新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るったことで、今後、人々の生活スタイルや働き方が大きく変わっていく可能性もあります。生活スタイルや働き方が変わるということは、医療業界にとっても影響が甚大になることは十分に想定されで、薬剤師の働き方そのものだって変わっていく可能性もあるのです。最たる例が、オンライン診療です。すでに時限的ではありますが、解禁されたことは今後の薬剤師の働き方にも少なからず変化をもたらすことになるでしょう。

 

 

転職を考えているのであれば、今すぐでなくても、とりあえず登録して希望に合致する求人が出てくるまで待つというのも効果的な転職を実現させる方法の一つです。
また薬剤師の転職活動は、他の業界と比べやや長期的になりがちです。半年〜1年かけて転職を実現させる薬剤師も数多くいます。

 

 

転職を考えようと思った時には、余裕をもって「早すぎるかな」思うくらいから動き始めるくらいがちょうど良かったりします。

 

 

 


薬剤師の転職・求人サイト比較記事一覧

今年の転職市場は新型コロナウイルス感染の影響により、大きく変わってしまいました。これは医療従事者に限らず世の中全体での大きな変化となりました。また、薬剤師に関して言うと、調剤報酬の改定も重なり、企業の経営状況、現場の業務内容も変わってきています。その状況について詳しく把握、理解されているのは人材業界で働く人くらいで、医療機関や薬局、OTCなどで働く人で詳しく理解されている方は少ない状況です。そこで...

今年令和2年度(2020年度)は、新型コロナウイルス感染拡大により、転職市場が大きく影響を受けている中、診療報酬改定も実施されました。(令和2年度診療報酬改定については厚生労働省ホームページをご覧ください。)この診療報酬改定(ここでは調剤について)が薬剤師の転職市場にどのような影響を及ぼす、もしくは及ぼしていくことが考えられるか、現職の薬剤師専門の転職エージェントの方に伺いました。今後、どのように...

病院薬剤師になるには、薬剤師免許があれば求人に応募することができますが、大規模病院では、時々「大学院卒以上」と記載がされている場合があります。以前の4年制度で卒業し、国家試験に合格していたとしても、大学院を卒業していない場合は、採用してもらえない可能性もあります。求人欄をよく確認してみましょう。病院薬剤師のメリット注射薬を勉強できる病院薬剤師のメリットとして一つ目としては、調剤薬局やドラッグストア...

このページの先頭へ戻る